一度使ってしまうとなかなか抜け出せない?

今月は色々飲み会などのイベントがあるけど、ちょっとお小遣いが足りないな…という時、カードローンはとても便利だなと思います。

ATMや銀行で一瞬でお金を受け取れるので、どうしても外せない飲み会の時など、「来月ちょっとセーブして繰り上げで返済すればいいや…」という感覚で私も使ってしまいます。

ただその便利さの反面、今回だけと思っていたのにその後も何度も使ってしまう方がとても多い気がします。

私もそのパターンで、毎回同じようにすぐ返せばいいやと思って使っているのですが、しばらくすればカードローンを利用したことなどすっかり忘れてしまい、またお金が足りなくなると「あ、カードローンがあったな」と考えてしまうのです。

同じようなループにはまっている知人を何人も知っていて、みんなどんどん未返済の残高が増えてしまっているようです。

カードローンのサービスは、それなりに返済能力があって、かつ計画的にお金を使える人が使えば、本当に便利で価値のあるものだと思います。

返済のために今の生活を少し切り詰めないといけないような人は、あまり使うべきではないなと思います。

続きを読む

無職の人がキャッシングする場合知っておいてほしいこと

現在、この不況の煽りや面倒といったぬるま湯に使ってしまい、結果的に無職になってしまった方は大勢いるのではないでしょうか。もちろん、そんな無職の方であれば確実にお金を必要することは間違えありません。

そのため、こういった方々は本気でキャッシグを望んでいると考えても良いのです。しかし、これはこんな無職で困っているから金をくれ。というシステムが簡単に成立する世の中ではありません。基本的にはキャッシング業界の規定として無職の人には確実にお金を貸与することはできないことになっているのです。しかし、無職の場合の工面の仕方にはコツがあるので、ここで紹介していきましょう。

まず、無職というのには何パターンかあります。正社員では無いが、基本的には無職ではなくアルバイトをしている。といった条件の場合です。この場合なのですが、消費者金融にとってもれば、基本的にどんな仕事であっても安定した収入があるということで、そこまで問題になりません。

もちろん、融資の上限は限定されてしまうきらいはありますが、基本的に融資を受けることは可能なので心配はいりません。そして、主婦の場合です。どうしても外に働きにでれない。となれば、無職であることには変わりありません。しかし、旦那に一定の収入があることでこの難題葉クリアできるのです。

同意さえ取ることができれば、問題無くなり入れは可能でしょうね。基本的に難しいのは、どっちの条件にも当てはまらない方です。自営業であればいいかもしれませんが、難しいですね。しかし、キャッシング業者の中には小額であれば、収入証明提示無しの場合もあるので、試す価値はあるでしょう。

続きを読む