カードは安全だから良く使っています

お金の貸し借りは自分ひとりで何とかしたいと思うから、知り合いなんかにお金を借りることはした事がありません。

インターネットショッピングなんかは大変に便利だし、商品についての口コミも参考にすればほぼ間違いなく自分の思ったような商品を手に入れることが出来ます。

そのときに便利だからカードを作って、ポイントも貯まるし一回払いよりもリボ払いのほうがポイントが高くつくことがあるから、上手く使いたいなと思うんです。

自分のお給料を良く考えながら、毎月5千円ならカードローンを組んでも大丈夫だと思って、商品を購入しています。

ただ次々と買い込むと支払いが大変ですから、5千円の範囲内にとどめています。

こうして自分なりのルールを決めてローンを組んでおけば、何も困るような事態にはならずに、
むしろ、毎月の返済額が一定だから安心して買い物が出来ます。

何と言ってもカード支払いが一番安全だと思っているし、支払い明細も送ってくれるから、
支払期日を忘れるなんて事もなくていいものです。

続きを読む

一度使ってしまうとなかなか抜け出せない?

今月は色々飲み会などのイベントがあるけど、ちょっとお小遣いが足りないな…という時、カードローンはとても便利だなと思います。

ATMや銀行で一瞬でお金を受け取れるので、どうしても外せない飲み会の時など、「来月ちょっとセーブして繰り上げで返済すればいいや…」という感覚で私も使ってしまいます。

ただその便利さの反面、今回だけと思っていたのにその後も何度も使ってしまう方がとても多い気がします。

私もそのパターンで、毎回同じようにすぐ返せばいいやと思って使っているのですが、しばらくすればカードローンを利用したことなどすっかり忘れてしまい、またお金が足りなくなると「あ、カードローンがあったな」と考えてしまうのです。

同じようなループにはまっている知人を何人も知っていて、みんなどんどん未返済の残高が増えてしまっているようです。

カードローンのサービスは、それなりに返済能力があって、かつ計画的にお金を使える人が使えば、本当に便利で価値のあるものだと思います。

返済のために今の生活を少し切り詰めないといけないような人は、あまり使うべきではないなと思います。

続きを読む

無職の人がキャッシングする場合知っておいてほしいこと

現在、この不況の煽りや面倒といったぬるま湯に使ってしまい、結果的に無職になってしまった方は大勢いるのではないでしょうか。もちろん、そんな無職の方であれば確実にお金を必要することは間違えありません。

そのため、こういった方々は本気でキャッシグを望んでいると考えても良いのです。しかし、これはこんな無職で困っているから金をくれ。というシステムが簡単に成立する世の中ではありません。基本的にはキャッシング業界の規定として無職の人には確実にお金を貸与することはできないことになっているのです。しかし、無職の場合の工面の仕方にはコツがあるので、ここで紹介していきましょう。

まず、無職というのには何パターンかあります。正社員では無いが、基本的には無職ではなくアルバイトをしている。といった条件の場合です。この場合なのですが、消費者金融にとってもれば、基本的にどんな仕事であっても安定した収入があるということで、そこまで問題になりません。

もちろん、融資の上限は限定されてしまうきらいはありますが、基本的に融資を受けることは可能なので心配はいりません。そして、主婦の場合です。どうしても外に働きにでれない。となれば、無職であることには変わりありません。しかし、旦那に一定の収入があることでこの難題葉クリアできるのです。

同意さえ取ることができれば、問題無くなり入れは可能でしょうね。基本的に難しいのは、どっちの条件にも当てはまらない方です。自営業であればいいかもしれませんが、難しいですね。しかし、キャッシング業者の中には小額であれば、収入証明提示無しの場合もあるので、試す価値はあるでしょう。

続きを読む

キャッシングは便利な分危険かも?

クレジットカードを利用する人が増えている今の時代、普段のクレジット機能に加え便利なのがキャッシング機能です。

手持ちの現金が足りない時、急で現金が必要なときなど、コンビニエンスストアのATMなどで簡単に引き落とせるのがメリットですが、手軽な分、実は意外と金利が高かったりしますので注意が必要です。

とはいえ、やはり便利なのでついつい利用してしまうんですよね。基本、クレジットカードの限度額の枠内で、更にキャッシングの枠が設けられています。ただ、クレジットカードを作ったばかりだったり、過去に何らかのトラブルで問題があった人などの場合は、クレジットカードは作製出来ても、キャッシング枠は設けられないなんてこともあります。

基本は翌日一括返済のようですが、中にはクレジットカードの支払い方法自体をリボ返済にしている人もいるでしょう。そのような状態でキャッシングを利用し過ぎるのはちょっと危険な気がしますね。クレジットカードもそうですが、キャッシングも、すぐに便利に利用出来る分、利用者のモラルが重要になってくると思います。

続きを読む

感覚の練習

以前、お金に困っていた時期が続き、カードローンを3社契約した。
初めてお金を借りる時の不安はまだ覚えているが、社会人として生きていくのであれ必要な感覚なんだと思う。

ない時に借りる、そして利子をつけて戻す。安易な気持ちで大金を借り続けると返済をしても利子だけ払っているようで元金がまるで戻らない。

お金に限らずだが、もらうのではなく借りるとはそういうことだと実感した経験もある。
今、若い世代は将来に不安が大きい割にお金の勉強をするのを未だに避ける。

そんな世代が一番経験しやすい体験はカードローンでの借金とクレジットカードでの借金返済なのではないだろうか。とも思う。

大体のカードローン契約は借りた翌月に利子が発生して返金となる。
一般的に という言い回しは妥当ではないと思うが、最初はみんな軽い気持ちで翌月にはお金がはいってくるから大丈夫。と過信して借りる人が多い気がする。

そして実際の翌月にはまた手持ちが少なく全額返済をせずにむしろまた借りてしまう。

そうならないよに翌月こそは…とバイト増やすなどし始めたらまぁまともだ。

自転車操業を始める人も出てくるだろう。それこそがお金にまつわる経験であり、これからカードローンで借りようとしている人たちへのイメージしやすい感覚なのではないだろうか。

続きを読む

なかなか返せない。

始めてカードローンを利用したのは、8年前でした。当時付き合っていた彼氏に、どうしてもお金が必要になった、助けてほしいという事でしたが、貯金もなく、親にも反対されていた交際だったので話すこともできずに、彼氏に助けてあげられないと言ったのですが、その時手を出してしまったのがカードローン。

ローンなどした事がなくて、とても恐かったのですが、店舗に入り簡単や審査ですぐにお金が借りられる。本当にその時は、彼氏を助けてあげられる、よかったという気持ちでしたが、そこからが後悔の嵐でした。

彼氏からお金を受け取り返済していたのですが、利息が高くてなかなか元本が減っていかない。そして、またお金が足りなくなったら借りてしまうという、悪循環でした。そして2年後彼氏と別れてしまい、残った借金。あと50万程ですが、まだ返済していっています。

すぐに返済できると思いながらはや8年。簡単にお金が手に入り、あたかも自分のお金のように手に入る。借金なのに。もう、完済後は手を出すことはないでしょう。

続きを読む

借りられるかドキドキ

お金を借り入れしようと思い立ち消費者金融へ。初めての経験で・・・
消費者金融=サラ金怖い人が多い印象を勝手に抱いてました。

そんな予想を裏切り、窓口にはお姉さんがいて、まるで銀行に来たのかと錯覚するほど。自分が思い込んでいた暗いイメージや雰囲気は皆無。まるで銀行口座を作る時のように何枚か書類を記入、綺麗なお姉さんの爽やかな説明との相乗効果もあり、書類の多さや契約書類の多さもきにならない。とにかく押印を求められる回数の多さに少々辟易。印鑑レスな世の中にはまだまだならないようだ。

■待ち時間
ひととおり書類を書き終わったところで契約やら支払いやらの細かい説明。お金さえ借りられたらどうでもいいや・・・なんて思ったりもしたけど、親切に説明してくれるお姉さんの熱意を感じちゃんと聞く。
これがお姉さんじゃなくて怖いおっさんなら姿勢を正して聞いてないと怒られそうだ。
なんとなく話の内容から借り入れできるみたいなので少し安心する。

■いよいよ。
ゴールまで長い道のりだった気がするけどお姉さんが持ってきた契約書とキャッシング用のカードを見て胸を撫で下ろす。

ニヤニヤしてしまいそうだけど、ここは冷静さを装うようにしなきゃ。自分が必要な金額より大きな金額が限度額のようだ。

今は必要なくてもイザという時の保険みたいなものだと気にしない。っていうかお金を引き出したり返済したりする機械のところまで説明兼ねてお姉さんが付いてきたから借り入れ金の引き出しもお姉さんが代わりにしてくれたから上限まで引き出すなんて無理っぽい。

もしまた新しい店で借りるような時は無人契約機なるものを利用しようかな・・・
でも、お姉さんの説明と話も聞きたいから迷ってしまうんだろうな。

続きを読む